Home » 総量規制 » 総量規制対象外はみずほ銀行カードローン|借入れ方法

総量規制対象外はみずほ銀行カードローン|借入れ方法

低金利で利用限度額が高めに設定されているみずほの銀行カードローンは利便性の高く人気の
総量規制対象外のローンです。簡単にですが解説させて頂きます。

総量規制とは、昔はグレーゾーンという言葉が流行ったとおり、金融業で利息で30%近い金利が
横行していました。

■グレーゾーン金利とは?

利息制限法の上限金利20%と、出資法の29.2%との間の金利を指します。

グレーゾーン金利とは、何でしょうか?

グレーゾーン金利とは、平成22年6月17日以前に置いて、利息制限法が定める金利(貸付け額に応じて15~20%)を超える無効な金利であるにも関わらず、
出資法で罰則を定めている金利(29.2%)未満であることから、罰せられることもないギリギリの高金利の事を指します。

しかし、グレーゾーン金利は、平成22年6月18日の出資法の上限金利が利息制限法の水準の20.0%に引き下げられたた為廃止されました。
同時に貸金業法改正の改正により利息制限法(20.0%)を超える金利は、賃金業法による行政処分の対象となりました。

上限金利は利息制限法と出資法の2つの法律で規制されている為29.2%から20.0%の間をグレーゾーン金利と言います。
払っていた場合10年を超えなければ業者は返金しなければいけないのです。

■総量規制とは?

これは過剰な融資とならないように、その人の年収の3分の1を超える金額は融資してはいけないという規定で
したがって、上に書いたグレーゾーン金利を抑えた規定です。

総量規制が実施されるまでは、借入金額に決まった上限はなく、そのために多重債務や借金の問題が大きくありましたが

その中でも過剰な貸し付けがあり、返済する能力があまりない人間でも審査を疎かにして、多額の金額を貸し付けて

借りた人もお金を返済するため、多重債務をするはめになり深刻な問題が発生しました。

それを歯止めすることに総量規制の意味があるため、しっかりとした基準を作り、無理な貸付、借入が出来ないようになりました。

総量規制は、縛るための制度ではなく守ってくれる制度になっていますので、ちゃんとした深い意味や理由があったのでしょう。
また悪質な金融機関から守ってくれる大切な制度とも言えます。

他にもグレーゾーン金利に対する抑止的な規定ですが、住宅ローンや自動車ローンなどの大型ローンにも問題がある為、
総量規制の例外も併せて作られました、それが総量規制外の銀行法です。

普通の金融法では3分の1を超して貸すことは出来ません。

しかし銀行の場合上に書いたローンや、利息以外でも投資や他のことで稼げるので、銀行法に総量規制は当てはまりません

なので収入がなくてもカードローンが可能となります。

■自分の生活スタイルに合わせて使えるみずほ銀行

みずほ銀行のカードローンはライフスタイルやその時の都合に合わせ色々な申し込み方法があります。

店頭窓口や電話で!スマホやパソコンインターネット、モバイルの申込みは24時間受け付けています。

申し込み~返済までの流れを確認することもできるため借り入れ初心者の方でも安心して申し込めます。

また、みずほのカードローンを利用するにはいくつか条件があり満たさなければいけません。

総量規制の対象外ですが、誰でもすぐに借り入れできるわけではないので注意しましょう。

利用条件…

「安定した収入がある方、継続した収入がある方」
「契約時において年齢が満20歳~66歳までの方」

みずほ銀行のカードローンを利用するにはみずほ銀行の普通貯金口座の開設が必要となり無い方は審査完了後に開設します。申し込み時に必要な書類は本人確認資料のコピー
年収確認の資料のコピー(金融会社は50万以上の場合いりますが、みずほ銀行の場合200万で済みます)となっていて、スムーズに契約できるよう金額に合わせて
必要書類の準備はしましょう。

返済方法は「カードローン自動引き落とし」「カードローン任意返済」などで、便利なカードローン自動引き落としはオススメです!ただし引き落とし日は10日と決まっており
多くの方が1525日の給料日後と思われがちですが、変更出来ないためご注意下さい
みずほダイレクトを利用すればパソコンからの指定金額の返済もできます。

■さすがは銀行その低金利は使いやすさに!

金利 限度額 審査時間
4.0%~14.0% 1,000万円 最短即日~
保証人 派遣・アルバイト 最短融資
不要 審査対象 審査後すぐ
  • 手持ちのキャッシュカードですぐに利用可能
  • 限度額最大1,000万円
  • 複数のローンの借り換えにも使える
  • 即日審査可能で24時間受付体制
  • PCはもちろんスマホ・携帯でご利用可能

■みずほ銀行カードローンは、書類なしでもいけますか?

キャッシングやカードローンなどでお金を借りる場合には、当たり前ですが本人確認のため色々な書類が必要となります。これを揃えるのが地味に面倒ですが
融資を行う際みずほ銀行ではなんと書類がいりません。以下の2つの場合には書類提出が必要としません。これは結構大きいメリットとなりますよね。

  • 手元にみずほ銀行の通帳を用意出来る方
  • みずほダイレクトを使っている方

このどちらかを満たせた場合、利用限度額が100万以下の場合書類不要となるのです。

「みずほダイレクト」とは?みずほ銀行のネットバングでみずほ銀行で普通貯金口座の口座開設をしなければいけないということになりますが、
もちろんみずほ銀行口座を持っていなくても、書類を準備できれば問題なくカードローンの作成や借り入れは可能でしょう。

「持っていれば最短即日での利用が可能で」「持っていなくても、審査は最短即日可能」というわけです。
申し込み方法もお手軽でありパソコンやスマートフォンで申し込めばわざわざ銀行窓口に赴く必要はないのです。

キャッシュカードと見た目がほぼ一緒!
みずほ銀行カードローンで発行されるローンカードは、みずほ銀行の銀行キャッシュカードと見た目がほぼ一緒。現在では多くの人がカードローン専用カードを日常的に使っているわけですが、それでも人に見られるとちょっとという方はいらっしゃるようです。そんな中、みずほ銀行ならカードを誰かに見られてもまったく恥ずかしくありません。嬉しい気遣いですよね。それに、カードローン口座を開設する際、キャッシュカード兼用型を選択することも可能です。みずほ銀行の場合、ローソンATMやセブン銀行のようなコンビニATMで取引できるのもいいですね。

■キャッシュカード一体型ローンカードを選びましょう

みずほ銀行カードローンには、2種類のローンカードがあり、一つは通常のキャッシュカードの一体型(ローンカード兼用型)
ともう一つがカードローン専用のローンカードです。

みずほ銀行に口座がある方が即日キャッシングを行うには、キャッシュカード一体型がおすすめで、しかも内緒で借入れを行う上でも
キャッシュカード一体型の上がおすすめなのです。

「キャッシュカード兼用型」でローンカードを選ぶのがお勧めです。これならば家族や他人に見られても問題ありませんし(外からは判別できない為)実に自然です。
機能は少し制限されるようですがカモムラージュするには一体型がベストでしょう。