Home » 任意返済 » 借り入れ総額を減らす任意返済で負担を減らそう

借り入れ総額を減らす任意返済で負担を減らそう

みずほ銀行は借り入れに関しては色々

ある物の返済に関してはあまり方法がありません。
というのもそこは銀行なので仕方ないですが

返済日も決まっていて
毎月10日に前月分の返済額を引き落とします。

返済方法はこれ1つで、返済日を指定することもできません。

注意点としては借り入れ日が10日以降の場合その月は返済が発生せず

翌々月に支払う形になります。その間準備期間として使えますね。

そして無利息期間ではないのでご注意ください、利息は発生しています。

※無利息サービスを希望する場合は、新生銀行カードローン レイク
、プロミス、アコムなどです。短期で返済できるメドがあるならオススメです。

■繰り上げ返済で(任意返済)で総額を減らそう。

余裕があるときに多めに返したい場合は、ATMからいつでも繰上げ返済できるのです。

これは返済にとても重要で「残高スライド方式」ではボーナスや多めの入金により
総額が変わります(下記参照)

しかし、手数料がかかります。1万以下の場合108円、それ以上は216円かかります。

(みずほ銀行ATMで、平日8時15分~18時00分に利用する場合は手数料無料)。

利用できるATMの種類は、カードの種類によって異なるので確認しましょう。

また、みずほダイレクトに加入できれば、ホームページ又は電話で繰り上げ返済の手続きが可能です。
手数料はかからないためコチラをお勧めしています。(受付時間は平日0時~15時)

■みずほ銀行の残高スライド方式とは?

上に書いたとおりカードローンの返済方式は、「残高スライド方式」です。

一般的に「残高スライドリボルビング方式」と呼ばれるもので、借入残高に応じて毎月の返済額が増減(=スライド)する方式です。

利息は元金の額で発生するため、多く払えば払うほど利息を引いた元金が減るので、それだけ総額がへります。

例えば、借り入れ残高が100万円の場合は、月々の返済額は20,000円となっており。返済が進む(借入残高が減っていく)につれ、月々の
返済額も小さくなっていくのです。内容を見てみると100万円の利息が14%と仮定して月に11,507円、その額を差し引いた8493円が元金
押し当てられひかれます。なので任意返済で一気に減らすと元金が減るため総額が減るのです。

勿論デメリットも存在します。少額返済の場合返済期間が長期化し、利息がふくらみがちになる。

はじめは、返済額に占める元金の割合が少なく、利息ばかり多く支払うことになります。そのため、元金の減りが遅く、結果的に利息がかさんでしまうのです。

できるだけ利息を少なくするためにも、余裕があるときに繰上げ返済してはやく元金を減らしてしまいましょう(繰上げ返済の分は、すべて元金返済にあてられます)。

返済方法 特徴
自動引落し 毎月10日に返済用普通預金口座から引き落とし
ATM返済 カードを使ってATMで好きな時に返済

※任意返済を行った場合も、毎月10日にみずほ銀行の返済用普通預金口座からご利用残高に応じた金額が自動引き落としとなります

みずほダイレクト みずほダイレクトを使っている方は、パソコンやモバイル、固定電話から返済の申込みができます。

24時間利用できますが、月曜日~金曜日の15時00分以降および土日祝日の受け付け分は翌営業日扱いになります

返済方法はこの3つがあり、自動引き落としを利用している人が多いです。

消費者金融の場合、複数掛け持ちの人はATM返済を利用している人も多く、銀行カードローンの場合は基本口座とセットの為
引き落としで返済するのが一般的と言えます。

■カードローンをするならみずほ銀行で即日審査!

即日審査も大きな魅力のひとつで

借り入れの申し込みをし、その日のうちに審査結果を出せるという事は、消費者金融のほとんどが

やっているサービスですがお金の借り入れをするときには早くしてほしいですよね?

この即日審査サービスはみずほでも提供していますし

銀行なのに早く審査結果をだしてくれるのでたすかります。

なので気をつけましょう。

しかし審査時間はそれなりにかかるものです。消費者金融みたいにスピード審査よりも時間がかかるため余裕を持って
やったほうが良さそうです。

でも銀行カードローンの魅力はすごいもので、低利子で借り入れができるのであれば、多少の審査時間は我慢できたとという人がほとんどです。

やはりのその先にあるメリットを考えればお得です。

■さすがは銀行その低金利は使いやすさに!

金利 限度額 審査時間
4.0%~14.0% 1,000万円 最短即日~
保証人 派遣・アルバイト 最短融資
不要 審査対象 審査後すぐ
  • 手持ちのキャッシュカードですぐに利用可能
  • 限度額最大1,000万円
  • 複数のローンの借り換えにも使える
  • 即日審査可能で24時間受付体制
  • PCはもちろんスマホ・携帯でご利用可能

借り入れ総額を減らす任意返済で負担を減らそう

みずほ銀行は借り入れに関しては色々

ある物の返済に関してはあまり方法がありません。
というのもそこは銀行なので仕方ないですが

返済日も決まっていて
毎月10日に前月分の返済額を引き落とします。

返済方法はこれ1つで、返済日を指定することもできません。

注意点としては借り入れ日が10日以降の場合その月は返済が発生せず

翌々月に支払う形になります。その間準備期間として使えますね。

そして無利息期間ではないのでご注意ください、利息は発生しています。

※無利息サービスを希望する場合は、新生銀行カードローン レイク
、プロミス、アコムなどです。短期で返済できるメドがあるならオススメです。

■繰り上げ返済で(任意返済)で総額を減らそう。

余裕があるときに多めに返したい場合は、ATMからいつでも繰上げ返済できるのです。

これは返済にとても重要で「残高スライド方式」ではボーナスや多めの入金により
総額が変わります(下記参照)

しかし、手数料がかかります。1万以下の場合108円、それ以上は216円かかります。

(みずほ銀行ATMで、平日8時15分~18時00分に利用する場合は手数料無料)。

利用できるATMの種類は、カードの種類によって異なるので確認しましょう。

また、みずほダイレクトに加入できれば、ホームページ又は電話で繰り上げ返済の手続きが可能です。
手数料はかからないためコチラをお勧めしています。(受付時間は平日0時~15時)

■みずほ銀行の残高スライド方式とは?

上に書いたとおりカードローンの返済方式は、「残高スライド方式」です。

一般的に「残高スライドリボルビング方式」と呼ばれるもので、借入残高に応じて毎月の返済額が増減(=スライド)する方式です。

利息は元金の額で発生するため、多く払えば払うほど利息を引いた元金が減るので、それだけ総額がへります。

例えば、借り入れ残高が100万円の場合は、月々の返済額は20,000円となっており。返済が進む(借入残高が減っていく)につれ、月々の
返済額も小さくなっていくのです。内容を見てみると100万円の利息が14%と仮定して月に11,507円、その額を差し引いた8493円が元金
押し当てられひかれます。なので任意返済で一気に減らすと元金が減るため総額が減るのです。

勿論デメリットも存在します。少額返済の場合返済期間が長期化し、利息がふくらみがちになる。

はじめは、返済額に占める元金の割合が少なく、利息ばかり多く支払うことになります。そのため、元金の減りが遅く、結果的に利息がかさんでしまうのです。

できるだけ利息を少なくするためにも、余裕があるときに繰上げ返済してはやく元金を減らしてしまいましょう(繰上げ返済の分は、すべて元金返済にあてられます)。

返済方法 特徴
自動引落し 毎月10日に返済用普通預金口座から引き落とし
ATM返済 カードを使ってATMで好きな時に返済

※任意返済を行った場合も、毎月10日にみずほ銀行の返済用普通預金口座からご利用残高に応じた金額が自動引き落としとなります

みずほダイレクト みずほダイレクトを使っている方は、パソコンやモバイル、固定電話から返済の申込みができます。

24時間利用できますが、月曜日~金曜日の15時00分以降および土日祝日の受け付け分は翌営業日扱いになります

返済方法はこの3つがあり、自動引き落としを利用している人が多いです。

消費者金融の場合、複数掛け持ちの人はATM返済を利用している人も多く、銀行カードローンの場合は基本口座とセットの為
引き落としで返済するのが一般的と言えます。

■カードローンをするならみずほ銀行で即日審査!

即日審査も大きな魅力のひとつで

借り入れの申し込みをし、その日のうちに審査結果を出せるという事は、消費者金融のほとんどが

やっているサービスですがお金の借り入れをするときには早くしてほしいですよね?

この即日審査サービスはみずほでも提供していますし

銀行なのに早く審査結果をだしてくれるのでたすかります。

なので気をつけましょう。

しかし審査時間はそれなりにかかるものです。消費者金融みたいにスピード審査よりも時間がかかるため余裕を持って
やったほうが良さそうです。

でも銀行カードローンの魅力はすごいもので、低利子で借り入れができるのであれば、多少の審査時間は我慢できたとという人がほとんどです。

やはりのその先にあるメリットを考えればお得です。

■さすがは銀行その低金利は使いやすさに!