Home » 低金利 » みずほ銀行カードローンを他と比較【低金利の理由は?】

みずほ銀行カードローンを他と比較【低金利の理由は?】

銀行系カードローンの中では有名なみずほ銀行の為名前は聞いたことありますよね?「みずほ銀行カードローン」。

他のカードローンと比較した場合でも「数字的な部分で」利用者にとっては、目につきやすい数字となっているのではないでしょうか?

今回はみずほ銀行カードローンが他に比べて、低金利であるかを調べていきます。

■金利が低い

メガバンクの中でも最も金利が低いのがこのみずほ銀行カードローンでしょう。
金利は4.0%~14.0%で他と比べても上限金利が安いのです。

カードローン会社 金利
みずほ銀行
14.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン
14.6%
楽天銀行スーパーローン
14.5%
三井住友銀行カードローン
14.5%

上の表の指す通りみずほ銀行の14.0%が一番低金利とお得です。

この中で一番金利が低いのは銀行カードローンと言えるでしょう。低金利となっており(例外もありますが)
通常のカードローン(100万円未満)の平均適用金利は約17%~18%に対して、銀行カードローンの平均適用金利は約15%以下となり

例えば、通常カードローンとして50万円を年率18%で借りる場合は、1ヶ月(30日間)の利息は7.397円となります。
銀行カードローンで50万円を年率14.0%で借りる場合、1ヶ月(30日間)の利息は5.737円となり差額はなんと1660円となります。
これは融資額50万円の話であり、これ以上借りるとなると余計に増えるでしょう。

銀行カードローンの金利は通常のカードローンに比べて約3~4%低い安いことは言いましたが、借り方やサービスによってはマチマチで
例えば短期で済ませたい時は、金融会社(アコムやプロミス)のサービスをお勧めします。
新生銀行カードローンレイクでは30日間の無利息サービスがありますし、5万以下の融資の場合半年間も無利息で借りれます。
無利息期間で済むのなら金利は0ですしそちらの方がお勧めでしょう

カードローンは利用の目的により決めるのがいいでしょう、しかし普通に借りるならばみずほ銀行をお勧めします。

■みずほ銀行カードローン金利

  • 利用限度額
  • 800万円以上1,000万円以下年4.0%
  • 600万円以上800万円未満年4.5%
  • 500万円以上600万円未満年5.0%
  • 400万円以上500万円未満年6.0%
  • 300万円以上400万円未満年7.0%
  • 200万円以上300万円未満年9.0%
  • 100万円以上200万円未満年12.0%
  • 10万円以上100万円未満年14.0%

詳しくはみずほ銀行のホームページで確認してください。

■最高利用限度額が高い

金融機関の場合最高500万の所ですが

みずほ銀行カードローンの最高利用限度額は1,000万です。
ちなみに三井住友銀行カードローンは最高800万円、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは最高500万円です。
実際メガバンクで1000万融資はそうそうないものです。

低金利で高額利用限度額の為、おまとめローンとの利用など「乗り換え」という目的での利用でも価値があると言えます。
もちろんこの額は自分の希望で自由に決めれますので上の表を参考に金利を決めその分だけ借りるという方法が
賢いやり方ではないでしょうか?

しかし、審査に自信があり、できるだけ多くの利用枠が欲しいということであれば、みずほ銀行カードローン
が最良の選択肢といえるでしょう。

■口座があれば即日融資可能です。

欲しいものが出てきたり、

貯金が尽きかけてるなど

お金が必要な時って多々あると思いますが、

即金が必要な場合が多いですよね、やはり手元にお金があれば安心するものです。

実施あのカードローンでは審査は即日で済むのですが実際カードローンのカードを
手にするためには郵送を待ったり、急いでいる時は無人契約機や窓口に行かねばいけません。

みずほ銀行カードローンは家にいながら融資が可能で、その日のうちに自宅から近所のコンビニに直行し
コンビニのATMで現金を引き出す(借り入れる)事が可能です。

どちらにしろみずほ銀行の口座を作らなければ返済が大変です。自動引き落としのためにも
口座を開設しておきましょう。

■ぇ!?キャッシングに悩むなら、みずほ銀行カードローンへ

みずほ銀行カードローンとは、その名の通りみずほ銀行が運営しており

総量規制にかからない為、年収にかかわらず利用しやすいサービスとなっております。

利用条件は、安定した収入のある20歳以上~66歳上限であり収入さえあれば、パートやアルバイト、契約派遣社員

自営業の方でも問題ないそうです。なので安心して申込みましょう。

また配偶者に収入があるなら、無職専業主婦の方でも申込可能となるのです。

銀行カードローンなので総量規制の対象外となります。なので

他金融から複数借りている方など、一本にまとめたい方

その時に総量規制が、かからない等また金利も下がる可能性もあるため悩んでいる方は

オススメと言えます。

■みずほ銀行カードローンならおまとめローンがお得に!

みずほ銀行のカードローンは、おまとめローンにも対応している為、複数ある返済先を1つにまとめることが可能と言えます。
なので、今現在複数社に渡り借り入れしている方は、みずほ銀行にチェンジしてみてはいかがでしょうか?

■みずほ銀行カードローンって審査が厳しいと聞いたけど?

みずほ銀行のカードローンは審査が厳しいといった噂も聞きます。しかし、実際はそんなことなく、厳しくはありません。
おまとめローンの商品があるように、ある程度融通が効くのも事実です、甘いわけでもありませんが…。みずほ銀行が独自に設定している審査ルールが適用される仕組みとなっているのですが、主に「年収」「ローン残高」「過去の返済ステータス」が審査項目になっているようです。

■みずほ銀行カードローンのおまとめローンてどうですか?

おまとめローンを考えているのであれば、当然みずほ銀行カードローンは候補に入ってきます。なぜなら、利用限度額が1000万円、金利が4.0%~14.0%と他と比べても業界最低水準。
さらには、即日審査可能と3拍子揃っています。他の銀行系カードローンと比べても、14.5%上が多い為それに比べるとかなりのメリットがあるといえます、おまとめローンにまとめたい利用したいのであれば、申込をお勧めしたいと思います。

■みずほ銀行カードローン低金利まとめ

メガバンクとしての信頼、他と比べても14.0%と金利の低さや、WEBサイトなどのWEB完結により柔軟な返済方法があり
利用者としてもメリットが多い「みずほ銀行カードローン」です。

みずほの口座がもともとある人にとっては、カードローンを作るのは手軽でしょうし、これ以上のカードローンを申込む理由はないかもしれません。
しかし、あまりにも好条件のカードローンなので、審査を甘く見れない銀行です。
みずほの口座がある場合はカードローンも簡単にできますし、口座に即金をいれてくれます。

審査では総量規制を受けないものの「年収」「勤続年収」「他の会社の借り入れ」が判断されます。