Home » 借り入れ » みずほ銀行カードローンの限度額を増額する方法とは?

みずほ銀行カードローンの限度額を増額する方法とは?

カードローン審査を通ったのはいいですが、提示された限度額が低かった。
上限1000万と聞いていたのに、自分の利用方法ではこの限度額では足りない。

そんなときに検討したいのが、限度額の増額です。

みずほ銀行カードローンの場合は、限度額の増額はどのように行われるのか気になりますよね?

でも、増額の審査に落ちてしまって「限度額の減少」「一定期間の融資停止」となる場合もある!?

そして審査時間には2~3日掛かることも

そう思うとうかつに、手を出しづらいところもありますよね

増額申請をする際にはどのような点に、注意をしなければいけないのか?

■増額のメリットは?

増額のメリットとしては、新たにキャッシングを1件借りる必要も無く、借り入れの件数が増えないことでしょう。
キャッシングは件数が増えない限り、返済の手間(返済日や振込先が違う)が掛かる為
できるだけ借り入れ件数は少ない方が楽と言えます。又、複数借りた場合精神的にキツイのが2~3社借りるよりも
1社に絞るほうが管理しやすく助かるわけです。

しかし増額は誰も簡単にいけるわけではなく。増額には条件がありそして、審査が必要である為その審査に
通過しないと限度額は当然上がりませんしで大変だというわけです。

■キャッシング増額の審査内容

キャッシングの増額審査ではどういう所を見られるのか?増額審査で重要視されることを説明しましょう。

【キャッシング増額審査の主な項目】

  • 前回契約時の信用情報での負債金額が年収の3分の1未満であること。
  • 前回契約時からの返済状況。
  • 前回契約時から借入増加の状況。
  • 前回契約時から経過した年月。

前回契約時の信用情報での負債金額が年収の3分の1未満

まずは総量規制の範囲内かどうかが、審査のポイントとなるでしょう。
消費者金融やクレジットカード会社は賃金業者となりますので、貸付は原則、年収の3分の1です。
その為、今現在の借入れが3分の1を超える場合不可能です。
しかし銀行カードローンは総量規制対象外の為、年収3分の1の規制がありません。

もし、消費者金融側から増額の案内メールや電話があることは、前回契約時の負債金額を基に総量規制範囲内か判断しておくっているのです。

前回契約時からの返済状況

キャッシング増額審査で最も大事なことは、返済状況です。
借り入れ業者にとって返済状況とは、毎月の支払が遅れなく払われているかどうかや?毎月の最低返済金額以上支払いがされているかどうかが
?主な審査ポイントとなります。向こうとしては返済してほしいため仕方ないのですが、例えば50万円借りていて、毎月の返済金額が
最低10,000なのに対して、毎月2~3万円などの金額を多く返済している人は、返済能力に余力があるため
増額審査にプラスとなるわけです。
しかし多めに返済していても追加で借り入れをしていた場合意味はありません、追加借り入れをするため多く
返済しているのかな?と疑われるだけです。

■ぇ!?キャッシングに悩むなら、みずほ銀行カードローンへ

みずほ銀行カードローンとは、その名の通りみずほ銀行が運営しており

総量規制にかからない為、年収にかかわらず利用しやすいサービスとなっております。

利用条件は、安定した収入のある20歳以上~66歳上限であり収入さえあれば、パートやアルバイト、契約派遣社員

自営業の方でも問題ないそうです。なので安心して申込みましょう。

また配偶者に収入があるなら、無職専業主婦の方でも申込可能となるのです。

銀行カードローンなので総量規制の対象外となります。なので

他金融から複数借りている方など、一本にまとめたい方

その時に総量規制が、かからない等また金利も下がる可能性もあるため悩んでいる方は

オススメと言えます。

前回契約時から経過した年月も重要で、ちゃんと支払われていたことが信用情報となり審査でも大丈夫となるわけです。

がは銀行その低金利は使いやすさに!

金利 限度額 審査時間
4.0%~14.0% 1,000万円 最短即日~
保証人 派遣・アルバイト 最短融資
不要 審査対象 審査後すぐ
  • 手持ちのキャッシュカードですぐに利用可能
  • 限度額最大1,000万円
  • 複数のローンの借り換えにも使える
  • 即日審査可能で24時間受付体制
  • PCはもちろんスマホ・携帯でご利用可能

流石は銀行系だからでしょうか?最低金利とは1000万単位の話なので
通常の金利では適応されません。なのでこの場合最大上限金利を見るのですが
他の金融系の場合18.0%と割高いイメージがあります。

それに比べて最大14.0%と
マイナス4.0%も低いのは魅力的ですね。

例で表してみると500,000 18%
50万借りたとして、年率18.0%の場合、月額7,397円の利子で年額にすると88,767円になります。

14%だとどうでしょうか?
50万借りたとして、年率14.0%の場合、月額5,753円の利子で年額にすると69,041円になります。

年率の差で言えば19,726円も差ができますし、このぐらいの差があれば家電なり返済に使うことも出来ます。

とてもお得なローンと言えるでしょう。