Home » 借り入れ » 【初めてキャッシングするなら】みずほ銀行でどうでしょうか?

【初めてキャッシングするなら】みずほ銀行でどうでしょうか?

キャッシングはとても身近な存在だという方もいれば、

触れたことが無いという方もいるでしょう。

やっている人にとっては身近な存在で、カードさえあれば限度額まで借り入れできますし

その一方でキャッシングというもの自体を利用したことがないという人もいるのです。

最近の傾向としてキャッシング理由の筆頭は「生活費」ではないでしょうか?

現在のような「キャッシング」という言葉が広く広まり、大手銀行カードローンや消費者金融なども有名芸能人を起用して
利用しやすさをアピールするため「借金」としての悪いイメージも昔ほど無い気がします。

キャッシング理由は人付き合い、や急な出費などが目立ちますが、借入理由でもっとも多いのが「生活費」や「教育費」でしょう。

これらの理由で借入をする人は、キャッシングを利用する人の30%以上を占めています。

■どのサービスがいいのでしょうか?

そんな生活費を補うのに、イチイチ新しい会社に申込むのは大変ですよね。

できれば金利が低くて、身近でお金の代引がしやすいのがお勧めと言えます。

なのでそれに全部当てはまるものといえば、みずほ銀行でしょう。

みずほ銀行のカードローンはみずほ銀行が直接取り扱う個人向けのカードローンです。

20歳以上~66歳未満の方が対象で収入があれば申込可能です。

本人に収入がない専業主婦でも総量規制が無いため、借り入れが出来るのがメリットで主婦でも利用することが出来ます。

特筆すべきは金利14%で銀行カードローンの中でも最低水準であり、最高融資額はカードローン業界の中では最高額です。

このような低金利、最高融資額を誇りながら審査・手続きはスピーディーと言えます。

みずほ銀行に銀行口座を持っている場合は、WEB申込みをすれば最短で即日融資が可能となります。

みずほ銀行に口座がない場合も店舗に行けば即日融資をうけることができるわけです。

返済は基本的には毎月10日の自動引き落としで、借り入れはみずほ銀行のATM以外の提携ATMや
みずほダイレクトというインターネットバンキングを利用することもできるのです。

メリット・デメリット

◆メリットは

みずほ銀行カードローンの一番のメリットは、やはり業界最低水準の金利です
低金利の銀行系カードローンの中でも最低金利となります。
例で表すと60万円の金利を金融業者の平均18%で比べた場合
8,877円ですが、14%の場合は6,904円です。
差額を見ると1,966円となり年間で比べた場合23,591円も差がでます。

その差額があれば返済に当てるなり自転車を変えたりする額ですよね。

おまとめローン等にも最適と言えます。WEBでの即日融資も出来るため
家族にもバレにくいわけです。

◆デメリット

メリットもあればデメリットも存在します。
みずほ銀行のカードローンの返済日は毎月10日のみずほ銀行からの自動引き落
としのみとなっていて、追加の返済は提携のATMやインターネットバンキングでも
随時可能とです。しかし定期返済は返済日を選べず、方法も一通りの為、ちょっと融通が利かないと
感じることもあるようです。他の金融機関では曜日をある程度決められお給料日の後に指定している方も
多いですが、こちらは決まっています。しかしそれ以外は特になく金利も安いため
銀行に入れとけばいいため使いすぎなければ問題ないでしょう。

■さすがは銀行その低金利は使いやすさに!

金利 限度額 審査時間
4.0%~14.0% 1,000万円 最短即日~
保証人 派遣・アルバイト 最短融資
不要 審査対象 審査後すぐ
  • 手持ちのキャッシュカードですぐに利用可能
  • 限度額最大1,000万円
  • 複数のローンの借り換えにも使える
  • 即日審査可能で24時間受付体制
  • PCはもちろんスマホ・携帯でご利用可能

■みずほ銀行カードローンは、書類なしでもいけますか?

キャッシングやカードローンなどでお金を借りる場合には、当たり前ですが本人確認のため色々な書類が必要となります。これを揃えるのが地味に面倒ですが
融資を行う際みずほ銀行ではなんと書類がいりません。以下の2つの場合には書類提出が必要としません。これは結構大きいメリットとなりますよね。

  • 手元にみずほ銀行の通帳を用意出来る方
  • みずほダイレクトを使っている方

このどちらかを満たせた場合、利用限度額が100万以下の場合書類不要となるのです。

「みずほダイレクト」とは?みずほ銀行のネットバングでみずほ銀行で普通貯金口座の口座開設をしなければいけないということになりますが、
もちろんみずほ銀行口座を持っていなくても、書類を準備できれば問題なくカードローンの作成や借り入れは可能でしょう。

「持っていれば最短即日での利用が可能で」「持っていなくても、審査は最短即日可能」というわけです。
申し込み方法もお手軽でありパソコンやスマートフォンで申し込めばわざわざ銀行窓口に赴く必要はないのです。

キャッシュカードと見た目がほぼ一緒!
みずほ銀行カードローンで発行されるローンカードは、みずほ銀行の銀行キャッシュカードと見た目がほぼ一緒。現在では多くの人がカードローン専用カードを日常的に使っているわけですが、それでも人に見られるとちょっと・・・という方はいらっしゃるようです。そんな中、みずほ銀行ならカードを誰かに見られてもまったく恥ずかしくありません。嬉しい気遣いですよね。それに、カードローン口座を開設する際、キャッシュカード兼用型を選択することも可能です。みずほ銀行の場合、ローソンATMやセブン銀行のようなコンビニATMで取引できるのもいいですね。

■キャッシュカード一体型ローンカードを選びましょう

みずほ銀行カードローンには、2種類のローンカードがあり、一つは通常のキャッシュカードの一体型(ローンカード兼用型)
もう一つがカードローン専用のローンカードです。

みずほ銀行に口座がある方が即日キャッシングを行うには、キャッシュカード一体型がおすすめで、しかも内緒で借入れを行う上でも
キャッシュカード一体型の上がおすすめなのです。
「キャッシュカード兼用型」でローンカードを選ぶのがお勧めです。これならば家族や他人に見られても問題ありませんし(外からは判別できない)実に自然です。
機能は少し制限されるようですがカモムラージュするには一体型がベストでしょう。