Home » 借り入れ » 【内緒で教えます】みずほ銀行で内緒に借入れする方法

【内緒で教えます】みずほ銀行で内緒に借入れする方法

今月ちょっと生活費が足りない・・・知人の結婚式でお金が急に必要になった・・・
家賃をはらわないと行けない・・・などお金がなくて困る事はよくあります。

友人や親戚に借りれるのは後の事を考えると、
大変ですよね、しかしカードローンだとそういうトラブルはないです。

少額から入金して貰えて、金利も安めなのが銀行カードローンの特徴です。

しかしカードローンでも収入がなければ借りれない・・・

思っている方銀行カードローンなら収入がない専業主婦の方でも
借り入れ出来る事をご存知でしょうか?

■無収入でも配偶者が安定収入があればOK

普通は収入がなければ返済ができないため、金融業者に申し込んでも借り入れ出来ません。しかし専業主婦の場合稼ぐ手段もないしどうしたら・・・

実は、無収入でも配偶者に安定した収入があれば、申込ができるカードローンがあります。今はカードローンの多くもネットで借入を申し込んで口座に振込できる、ネットキャッシングがほとんどなのですから、申込可能なのです。
そしてみずほ銀行のカードローンは、総量規制の適用を受けない為(総量規制年収の3分の1以上は借りれない規制だが、銀行は対象外)、収入が0でも違法にならないので借りられます。

◆配偶者への確認や同意は不要

専業主婦でも借りられる銀行のカードローンは、配偶者に安定した収入がありさえすれば、申し込みの際には同意や確認は不要とするものがほとんどでしょう。
※必要な身分証明書はいります。借りる際に一番気になるのが「旦那の職場に確認がいくんでは?」
「旦那の同意が必要ではないでしょうか?」といった点ですが、これらは掛からないため一切不要となります。

■みずほ銀行にプライベート口座を!

みずほ銀行カードローンで配偶者(夫/妻)や家族に内緒でお金を借りたい場合、最も重要な事は、みずほ銀行の口座を自分だけのプライベート口座にすることでしょう。
というのは、みずほ銀行カードローンは振込キャッシングでしか融資が受けれず振込先も本人の口座に限られるためです。
みずほ銀行のカードローンは私的な口座ならバレることはないです。

みずほ銀行は他の金融と違い、ビックバンク一つですし口座を開いておくことは実に自然なことです。みずほ銀行の書類が自宅に来たとしても不自然ではないですし
どうしても書類が嫌というならWEB完結で済ませることも可能です。プライベート口座としてはうってつけという訳です。

ただどうしても、自分のみずほ銀行口座の入出金の流れ(通帳記入など)には気をつけておきましょう。口座に頻繁にお金が出入りしていることに気づかれると
不審に思わればれる可能性があります。

■専業主婦の方にお勧め!

みずほ銀行のカードローンは、配偶者に安定した収入があれば、本人に収入がなくても30万円の限度枠でなら、カードローンを申し込むことができます。
もちろん配偶者の同意書も、収入証明書もいりません。銀行ですから安心して借りれますし、ノンバンクよりも金利が低い為借りやすくはあります。

みずほMyWingは、配偶者に安定した収入がある専業主婦の方でも、内緒で申込みが可能です。用途として事業性資金以外であれば自由に使えるので、

主婦の頼れる借り入れ先となり、手続きはネットで来店不要でも進められる手軽さも魅力です。また、みずほ銀行の口座をお持ちの方であるなら、
最短即日での借り入れも可能であり、みずほ銀行のキャッシュカードにローン機能が付くので、周りの目が気にならないのもメリットと言えます。

■キャッシュカード一体型ローンカードを選びましょう

みずほ銀行カードローンには、2種類のローンカードがあり、一つは通常のキャッシュカードの一体型(ローンカード兼用型)
もう一つがカードローン専用のローンカードです。

みずほ銀行に口座がある方が即日キャッシングを行うには、キャッシュカード一体型がおすすめで、しかも内緒で借入れを行う上でも
キャッシュカード一体型の上がおすすめなのです。
「キャッシュカード兼用型」でローンカードを選ぶのがお勧めです。これならば家族や他人に見られても問題ありませんし(外からは判別できない)実に自然です。
機能は少し制限されるようですがカモムラージュするには一体型がベストでしょう。

■計画的に使いましょうカードローン。

不意の出費なんてよくあると思います、そういう時の対策として、カードローンは大いに役立ってくれます。

カードローンは日数で利息が決まるため、数ヶ月のみお金を借りるのに適していると言えます。

残高によって利息が変わるため、お金に余裕があるときに早くお金を返済していくと利息も少なく済むのです。

とはいえ次の収入やボーナスがあるまでに日数を乗り切るためにキャッシングするというのが、カードローンとのいい使い方でしょう。

無理なく借りて返済に回すことで、カードローンは貴方の生活を助けてくれるのです。

■金利が低い

メガバンクの中でも最も金利が低いのがこのみずほ銀行カードローンでしょう。
金利は4.0%~14.0%で他と比べても上限金利が安いのです。

カードローン会社 金利
みずほ銀行
14.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン
14.6%
楽天銀行スーパーローン
14.5%
三井住友銀行カードローン
14.5%

上の表の指す通りみずほ銀行の14.0%が、一番低金利とお得です。

この中で一番金利が低いのは銀行カードローンと言えるでしょう。低金利となっており(例外もありますが)
通常のカードローン(100万円未満)の平均適用金利は約17%~18%に対して、銀行カードローンの平均適用金利は約15%以下となり

例えば、通常カードローンとして50万円を年率18%で借りる場合は、1ヶ月(30日間)の利息は7.397円となります。
銀行カードローンで50万円を年率14.0%で借りる場合、1ヶ月(30日間)の利息は5.737円となり差額はなんと1660円となります。
これは融資額50万円の話であり、これ以上借りるとなると余計に増えるでしょう。

銀行カードローンの金利は通常のカードローンに比べて約3~4%低い安いことは言いましたが、借り方やサービスによってはマチマチで
例えば短期で済ませたい時は、金融会社(アコムやプロミス)のサービスをお勧めします。
新生銀行カードローンレイクでは30日間の無利息サービスがありますし、5万以下の融資の場合半年間も無利息で借りれます。
無利息期間で済むのなら金利は0ですしそちらの方がお勧めでしょう

カードローンは利用の目的により決めるのがいいでしょう、しかし普通に借りるならばみずほ銀行をお勧めします。

■みずほ銀行カードローン金利

  • 利用限度額
  • 800万円以上1,000万円以下年4.0%
  • 600万円以上800万円未満年4.5%
  • 500万円以上600万円未満年5.0%
  • 400万円以上500万円未満年6.0%
  • 300万円以上400万円未満年7.0%
  • 200万円以上300万円未満年9.0%
  • 100万円以上200万円未満年12.0%
  • 10万円以上100万円未満年14.0%

詳しくはみずほ銀行のホームページで確認してください。

■最高利用限度額が高い

金融機関の場合最高500万の所ですが

みずほ銀行カードローンの最高利用限度額は1,000万です。
ちなみに三井住友銀行カードローンは最高800万円、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは最高500万円です。
実際メガバンクで1000万融資はそうそうないものです。

低金利で高額利用限度額の為、おまとめローンとの利用など「乗り換え」という目的での利用でも価値があると言えます。
もちろんこの額は自分の希望で自由に決めれますので上の表を参考に金利を決めその分だけ借りるという方法が
賢いやり方ではないでしょうか?

しかし、審査に自信があり、できるだけ多くの利用枠が欲しいということであれば、みずほ銀行カードローン
が最良の選択肢といえるでしょう。

■口座があれば即日融資可能です。

欲しいものが出てきたり、

貯金が尽きかけてるなど

お金が必要な時って多々あると思いますが、

即金が必要な場合が多いですよね、やはり手元にお金があれば安心するものです。

実施あのカードローンでは審査は即日で済むのですが実際カードローンのカードを
手にするためには郵送を待ったり、急いでいる時は無人契約機や窓口に行かねばいけません。

みずほ銀行カードローンは家にいながら融資が可能で、その日のうちに自宅から近所のコンビニに直行し
コンビニのATMで現金を引き出す(借り入れる)事が可能です。

どちらにしろみずほ銀行の口座を作らなければ返済が大変です。自動引き落としのためにも
口座を開設しておきましょう。