Home » 低金利 » 【低金利キャッシング】みずほ銀行を金利比較

【低金利キャッシング】みずほ銀行を金利比較

カードローンを選ぶ場合には、金利優先で考えるならば銀行カードローンにするべきでしょう。
カードローンには大きく分けると以下の種類があり

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行系(銀行グループ子会社)カードローン
  • クレジット会社カードローン
  • 信販会社カードローン
  • 銀行(銀行本体)カードローン

があります。

この中で一番金利が低いのは銀行カードローンと言えるでしょう。なっており(例外もありますが)
通常のカードローン(100万円未満)の平均適用金利は約17%~18%に対して、銀行カードローンの平均適用金利は約15%以下となっており

例えば、通常カードローンとして50万円を年率18%で借りる場合は、1ヶ月(30日間)の利息は7.397円となります。
銀行カードローンで50万円を年率14.0%で借りる場合、1ヶ月(30日間)の利息は5.737円となり差額はなんと1660円となります。
これは融資額50万円の話であり、これ以上借りるとなると余計に増えるでしょう。

銀行カードローンの金利は通常のカードローンに比べて約3~4%低い・安いことは言いましたが、借り方やサービスによってはマチマチで
例えば短期で済ませたい時は、金融会社(アコムやプロミス)のサービスをお勧めします。
新生銀行カードローンレイクでは30日間の無利息サービスがありますし、5万以下の融資の場合半年間も無利息で借りれます。
無利息期間で済むのなら金利は0ですしそちらの方がお勧めでしょう

カードローンは利用の目的により決めるのがいいでしょう、しかし普通に借りるならばみずほ銀行をお勧めします。

カードローン会社 金利
みずほ銀行
14.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン
14.6%
楽天銀行スーパーローン
14.5%
三井住友銀行カードローン
14.5%

上の表の指す通りみずほ銀行の14.0%が一番低金利とお得です。

■ぇ!?キャッシングに悩むなら、みずほ銀行カードローンへ

みずほ銀行カードローンとは、その名の通りみずほ銀行が運営しており

総量規制にかからない為、年収にかかわらず利用しやすいサービスとなっております。

利用条件は、安定した収入のある20歳以上~66歳上限であり収入さえあれば、パートやアルバイト、契約・派遣社員

自営業の方でも問題ないそうです。なので安心して申込みましょう。

また配偶者に収入があるなら、無職・専業主婦の方でも申込可能となるのです。

銀行カードローンなので総量規制の対象外となります。なので

他金融から複数借りている方など、一本にまとめたい方

その時に総量規制が、かからない等また金利も下がる可能性もあるため悩んでいる方は

オススメと言えます。

■みずほ銀行カードローンならおまとめローンがお得に!

みずほ銀行のカードローンは、おまとめローンにも対応している為、複数ある返済先を1つにまとめることが可能と言えます。
なので、今現在複数社に渡り借り入れしている方は、みずほ銀行にチェンジしてみてはいかがでしょうか?

■みずほ銀行カードローンって審査が厳しいと聞いたけど?

みずほ銀行のカードローンは審査が厳しいといった噂も聞きます。しかし、実際はそんなことなく、厳しくはありません。
おまとめローンの商品があるように、ある程度融通が効くのも事実です、甘いわけでもありませんが…。みずほ銀行が独自に設定している審査ルールが適用される仕組みとなっているのですが、主に「年収」「ローン残高」「過去の返済ステータス」が審査項目になっているようです。

■みずほ銀行カードローンのおまとめローンてどうですか?

おまとめローンを考えているのであれば、当然みずほ銀行カードローンは候補に入ってきます。なぜなら、利用限度額が1000万円、金利が4.0%~14.0%と他と比べても業界最低水準。
さらには、即日審査可能と3拍子揃っています。他の銀行系カードローンと比べても、14.5%上が多い為それに比べるとかなりのメリットがあるといえます、おまとめローンにまとめたい利用したいのであれば、申込をお勧めしたいと思います。