Home » おまとめローン » 【お勧め】みずほ銀行でおまとめローンしませんか?

【お勧め】みずほ銀行でおまとめローンしませんか?

みずほ銀行カードローンの限度額を増額する方法とは?

そろそろ支払うのがきつくなってきた、毎月の額を何とか減らしたい
先のお終わりが見えないのは嫌だ という方へ

キャッシングをしていて一番つらいのは、中々終わらない返済
ではないでしょうか

そういう方は、おまとめローンで返済額を減らしてみませんか?

おまとめローンなら返済を検討してはいかがでしょうか!

■おまとめローンとは?

おまとめローンとはその名の通り、他金融会社から

ずっと支払い続けきていた業者の借入れを、まとめる事で
支払いを一本化することです。

支払ったと思ったら後10日後また入金しないと

もちろん各社各サービスへの支払い金の調達、管理も必要となりますので、
焦ってしまうと支払先や金額を間違えてしまい、1社に多くを支払ってしまうせいで
他の業者への返済金が不足してしまう事もあります。

利息分の支払いだけで一先ずはOKとしてくれる業者が多いので、とりあえずはその月は何とかなると思っても、
利息分の支払いだけでは、返済は進みません。
面倒で手間のかかる返済の管理も、おまとめローンを利用すれば全て無くせるのです。

返済先は一社で月に一度、返済金額も契約内容も通りとなりますので、間違える可能性も大きく下がるのです。
それに、今までに銀行振込や各社ATMで返済をしていた方は、おまとめローンにより返済先が1社になれば、振り込み手数料もの削減に繋がるのです。
消費税増税によりATM手数料の負担も増えるため、一度あたりのコストは大したことがないとしても完済までに支払う回数や手数料がかかる回数を考えるとなると
非常に大きな金額となるわけです。そんな余計なコストをかけているぐらいなら元金分の返済に回すほうが今後の支払いも楽になるでしょう。
借り入れが1社にまとまるなら単純に返済が1回で済むので、その他にも上記のような様々なメリットが存在するわけです。

■おまとめローンの場合

返済が1社で済むだけでも大きなメリットとなるのですが、おまとめローンの最大メリットは
金利面といえます。例えば複数社から借りていた場合総額が100万超えているのに
複数で借りているため金利が15%を超えていたりすることはありませんか?

利息制限法というものがあり、これによって100万を超える場合利息15%以上は適応されません。
しかし2社から借りていると仮定して50万円の場合18%*2の場合利息は7,397*2となり14,795円となります。
100万円の場合15%*1となるため12,329円で済むのです。

これによりだいぶ金利をおさえられるのが分かるでしょう。

30日間の利息差だけで2,000円程となり、利用残高によって利息の計算がされるため、「利息が少なくなる = 元金を減らしやすい = 更に利息が少なくなる」
の利用者にとって良い返済サイクルを、作り上げることが出来るのです。

また、上記はあくまで利息制限法の上限金利での計算となり、おまとめの利用先によっては限度額が大きくなればなるほどに金利が下がる事があります。
一部の銀行では数百万円の融資枠で、金利は下がるはずです。

そこで低金利の会社がおすすめとなるわけですが、銀行系でお勧めなのが低金利でしょう。

■みずほ銀行カードローンについて

みずほ銀行カードローンは「銀行系」のカードローン、キャッシングや銀行以外のカードローンと違って、メリットが大きいのが特徴です。

特徴としては

金利が安い物が

  • 金利が安いものが多い
  • 借入金額の上限がなく、年収の3分の1以上の借入が可能
  • 銀行ATMで利用することが可能なので便利(どこにでもありますからね)

中でもみずほ銀行は金利が年4.0%~14.0%と安めの設定のため、利用限度額が最大で1,000万円とかなり大きな金額を借りることができます。
おまとめには困りませんね。
さらにみずほ銀行ATMを利用し都合に合わせて随時の返済方法を取ることもできて非常に利便性が高いのです。

■みずほ銀行カードローンは、書類なしでもいけますか?

キャッシングやカードローンなどでお金を借りる場合には、当たり前ですが本人確認のため色々な書類が必要となります。これを揃えるのが地味に面倒ですが
融資を行う際みずほ銀行ではなんと書類がいりません。以下の2つの場合には書類提出が必要としません。これは結構大きいメリットとなりますよね。

  • 手元にみずほ銀行の通帳を用意出来る方
  • みずほダイレクトを使っている方

このどちらかを満たせた場合、利用限度額が100万以下の場合書類不要となるのです。

「みずほダイレクト」とは?みずほ銀行のネットバングでみずほ銀行で普通貯金口座の口座開設をしなければいけないということになりますが、
もちろんみずほ銀行口座を持っていなくても、書類を準備できれば問題なくカードローンの作成や借り入れは可能でしょう。

「持っていれば最短即日での利用が可能で」「持っていなくても、審査は最短即日可能」というわけです。
申し込み方法もお手軽でありパソコンやスマートフォンで申し込めばわざわざ銀行窓口に赴く必要はないのです。

キャッシュカードと見た目がほぼ一緒!
みずほ銀行カードローンで発行されるローンカードは、みずほ銀行の銀行キャッシュカードと見た目がほぼ一緒。現在では多くの人がカードローン専用カードを日常的に使っているわけですが、それでも人に見られるとちょっとという方はいらっしゃるようです。そんな中、みずほ銀行ならカードを誰かに見られてもまったく恥ずかしくありません。嬉しい気遣いですよね。それに、カードローン口座を開設する際、キャッシュカード兼用型を選択することも可能です。みずほ銀行の場合、ローソンATMやセブン銀行のようなコンビニATMで取引できるのもいいですね。

■キャッシュカード一体型ローンカードを選びましょう

みずほ銀行カードローンには、2種類のローンカードがあり、一つは通常のキャッシュカードの一体型(ローンカード兼用型)
もう一つがカードローン専用のローンカードです。

みずほ銀行に口座がある方が即日キャッシングを行うには、キャッシュカード一体型がおすすめで、しかも内緒で借入れを行う上でも
キャッシュカード一体型の上がおすすめなのです。
「キャッシュカード兼用型」でローンカードを選ぶのがお勧めです。これならば家族や他人に見られても問題ありませんし(外からは判別できない)実に自然です。
機能は少し制限されるようですがカモムラージュするには一体型がベストでしょう。

金利 限度額 審査時間
4.0%~14.0% 1,000万円 最短即日~
保証人 派遣・アルバイト 最短融資
不要 審査対象 審査後すぐ
  • 手持ちのキャッシュカードですぐに利用可能
  • 限度額最大1,000万円
  • 複数のローンの借り換えにも使える
  • 即日審査可能で24時間受付体制
  • PCはもちろんスマホ・携帯でご利用可能

流石は銀行系だからでしょうか?最低金利とは1000万単位の話なので
通常の金利では適応されません。なのでこの場合最大上限金利を見るのですが
他の金融系の場合18.0%と割高いイメージがあります。

それに比べて最大14.0%と
マイナス4.0%も低いのは魅力的ですね。

例で表してみると500,000 18%
50万借りたとして、年率18.0%の場合、月額7,397円の利子で年額にすると88,767円になります。

14%だとどうでしょうか?
50万借りたとして、年率14.0%の場合、月額5,753円の利子で年額にすると69,041円になります。

年率の差で言えば19,726円も差ができますし、このぐらいの差があれば家電なり返済に使うことも出来ます。

とてもお得なローンと言えるでしょう。